エディケア 実感 50% OFFご注文窓口

毎朝あふれる活力を実感!

自信が持てると仕事も変わります。

あの頃を取り戻せるとしたら・・・

 

エディケア公式サイト

 

エディケア 通販限定商品

エディケア
<新聞にも掲載!>

 

通常価格:12,960円(税込)
 
初回限定:6,480円(税込) 50%OFF

 

初めての方限定です。
最大、3箱まで同時に購入出来ます。

 

180粒(3粒×60袋)

 

1日の目安は、2~4袋(6~12粒)です。
食後、朝晩の2回に分けて飲む人が多いと思います。

 

31歳の主婦が主人に飲ませたら?

エディケアを主人が飲んだら

 

以前妊娠を希望していた時に、友人に少し頂いて、試しに主人に飲ませたことがあります。

 

妊娠を希望して、避妊を解禁してからもなかなかできずに、本格的に子作りに向けて動き始めた時のことです。

 

基礎体温をつけ、タイミングを主人に伝え、今日はダメ、今日はお願いしますと業務的になりだすと、主人の反応が悪くなり始めました。

 

仕事が忙しく疲れきった中での連続した子作り作業に、体力的にダウンしていた部分もあると思いますが、精神的にも萎えていたんだと思います。
それはわかっていましたが、こちらも焦っていたので、主人には色んな種類の精力剤を飲んでもらったりするようになりました。

 

その効果はまちまちで、効いているのかいないのか私には判然としないレベルだったのですが、その話を冗談交じりで友人に話したところ、エディケアを分けて頂きました。
飲ませてみたところ、効果ははっきりあったようで、主人曰く「硬さがすごい!」と言っていました。

 

持続力も主人的には満足だったようです。

 

価格が高かったのとその後無事妊娠でき必要無くなったのもあり、頂いた分を飲ませ切って以降、購入には至りませんでしたが、効果はしっかりあるのだと実感できました。

 

>>エディケアの公式サイトを見る

 

※個人の感想です。
※商品の効果や効能を保証するものではありません。

 

エディケアの口コミ

○30代 女性

最初は、小林製薬と言っても半信半疑で購入しました。
不思議な事に、うちの旦那は、今まで朝、何回起こしても起きませんでした。

 

会社にもギリギリで、まるで小学生か!
と思うほどです。

 

でも、エディケアを飲み始めてから自分から起きるようになりました。

 

それにはちょっと驚きです。

 

もちろん、本人が一番びっくりしておりました。

 

○50代 男性

やっぱり50歳を過ぎると、精力が大幅に減ります。
自分ではまだまだやりたいと思うのですが、何かないかと精力剤を探していました。

 

いろんな商品がありますが、正直、訳の分からない会社が作っているものもあり、信用出来ません。

 

買うなら製薬会社のものと思って、昔から知っている小林製薬のエディケアにしました。

 

30代後半ぐらいまでには回復したので、素直に喜んでいます。

 

○30代 男性

即効性はありませんが、続けていくと実感します。

 

最初の実感は、2週間後ぐらいでした。
朝立ちの勢いが違います。

 

以前よりも太く感じるぐらいです。
もちろん、夜は、反り立ちが違うので、おお、20代かなと思うぐらいワクワク感があります。
週1回が限界でしたが、週2回、2回戦までできているので、妻も満足しています。

 

産後は、出産前と比べて回数が減りがちですが、40代になると、女性は精力が出てくるので、それに応えることも大切だと思います。

 

エディケア公式サイト

 

 

※個人の感想です。
※商品の効果や効能を保証するものではありません。

エディケアに含まれるアルギニンとは!?

たんぱく質

 

アルギニンは、天然のアミノ酸の一種です。
アミノ酸は、500種類以上あるといわれており、人間は、全体の20%がたんぱく質で出来ています。

 

たんぱく質のもとは、アミノ酸です。

 

そのため、アミノ酸が大切で、全部で20種類のアミノ酸がたんぱく質を構成しています。

 

しかし、20種類のうち、9種類は体内で作る事が出来ないため、外部から取り入れる必要があります。

 

これを「必須アミノ酸」と言います。

 

でも、乳幼児や子供の場合は、体内で作ることができないアミノ酸は、9種類ではなく、1種類増えます。
合計10種類です。

 

その1種類が、「アルギニン」です。

 

アミノ酸は、すべての生命活動の源なので、かなり大切です。

 

通称、「白い血液」とも呼ばれるほどです。

アルギニンが、ED改善に注目される理由とは

血液

 

EDの原因は、機能性、心因性などあります。
一番は、勃起の仕組みを理解する事が大切です。

 

あそこが勃起するためには、体内勃起因子であるNO(一酸化窒素)が必要です。
脳が性的な刺激を感じると、血管でNOが生成されます。

 

つまり、大量にNOが生成されると、それが血管を通って、あそこ(海綿体)に大量に流れ込みます。

 

この血液の量が増加する事で勃起します。

 

そのため、NOが大量に必要になるのですが、このNOは、アルギニンから作られます。

 

アルギニンが注目されるのは、勃起するために必要なNOを作るためです。

 

エディケア公式サイト

ピクノジェノールとは

ピクノジェノールは、海外では、ポピュラーな栄養補助食品です。
日本では、ピクノジェノールが輸入・販売されたのは、1996年からです。

 

ピクノジェノールのさまざまな薬理機序の中で、特質すべき効果は、やはり抗酸化作用です。

 

その抗酸化作用力は、ビタミンCの20倍、ビタミンEの40倍と言われています。

 

海外では、早くから、強力な活性酸素撃退物質として注目されています。

 

ビタミンCやEは、生理活性効果を上げ、抗酸化物質として体内の血管を守り、皮膚の損傷(老化)、各種炎症、その他活性酵素によるダメージから細胞を守る働きをするということは、近年の研究でわかっています。

 

ピクノジェノールは、高い抗酸化機能を有する得意なフラボノイドに属し、ビタミンEやC、そしてコラーゲンの増強剤になると言われています。

 

つまり、ピクノジェノール自体に抗酸化作用があるゆえに、ビタミンEやCのもつ抗酸化力をさらに強力にする手助けをしています。

 

さらに、臨床研究によると、抗酸化物質は老化を防止し、ガン・心臓病・血栓などの生活習慣病の危険率を下げ、関節炎・アトピー性皮膚炎・花粉症などのアレルギー体質の改善にも役立つという発表がありました。

 

すでに、フランスでは、糖尿病性網膜症の医薬品として許可されています。

 

アメリカでは、心臓発作や脳卒中の要因となる血栓を抑制する作用、そして、子供の集中力欠如=多動性症候群と呼ばれるADHD改善作用が認められ、特許承認されています。

 

ピクノジェノールの効果

 

活性酸素除去効果はビタミンCの20倍、ビタミンEの40倍

 

ピクノジェールの効果の中で、最も有名な抗酸化作用を解説します。

 

抗酸化作用は、あそこの勃ちでかなり重要なものです。

 

ピクノジェノールは、強力な抗酸化物質として、あらゆる種類のフリーラジカル(活性酸素)を抑制する作用があります。

 

フリーラジカル、活性酸素という言葉は、近年聞かれるようになりました。
よく、体の中がさびる、という表現をつかいますが、悪い酵素である、という説明です。

 

活性酸素という言葉は、なんだかいい酵素のように一見、おもいますが、実は違います。
体内には非常に悪い酵素で、ガンや生活習慣病の原因は活性酸素が原因だと言う事がわかっているからです。

 

人は、生きていくためには、酸素は、必要です。

 

呼吸によって体の中に取り込まれた酸素は、体の隅々にまで運ばれますが、この1部(2?3%)が体の中で化学反応を起こし、毒性を持つ活性酸素に変化します。

 

この物質が体内を酸化させ、体の中がさびていくと説明するようになったと言われています。

 

つまり、「活性」とは酸化力が活発になると考えておくと良いでしょう。

 

ピクノジェノールは、強力な活性酸素撃退物質であり、その効力は、ビタミンCの20倍、ビタミンEの40倍も強力であることがわかっています。

 

ピクノジェノールの主成分は、ポリフェノールの中のフラボノイド類に属しており、プロアントシアニジン、カテキン、エピカテキン等の有益なポリフェノールや有機酸を、40種類以上カクテルのごとく混合している非常にユニークな抗酸化食品です。

 

また、100%水溶性であり、生体内で速やかに吸収されます。

 

更新履歴